鉄筋溶接作業を行うためには、JIS Z 3882「鉄筋の突合せ溶接技術検定における試験方法及び判定基準」に基づく技量検定試験に合格し、認証された技量資格者が必要とされます。

  • WJ 1F種:D32以下 下向 SD345、SD390
  • WJ 1H種:D32以下 下向、横向 SD345、SD390
  • WJ 2F種:D51以下 下向 SD345、SD390
  • WJ 2H種:D51以下 下向、横向 SD345、SD390
  • WJ 3F種:D51以下 下向 SD345、SD390、SD490
  • WJ 3H種:D51以下 下向、横向 SD345、SD390、SD490

①鉄筋溶接技量検定試験

 鉄筋溶接技量資格を取得する上で必要な検定試験です。また、すでに保有している資格を更新する場合にも本検定試験の受験が必要です。

中間審査の受審を希望される方は ②中間審査をご覧ください。

検定規定等

"鉄筋溶接技能者の技量向上及び鉄筋溶接継手の品質向上を図るため、鉄筋溶接技量検定試験の運用・実施の他、鉄筋溶接技量者の認証、合否判定結果の通知及び適格性証明書の取扱いを定めることを目的とする。"

鉄筋溶接技量検定規定より抜粋
  1. 鉄筋溶接技量検定規定
  2. 鉄筋溶接技量検定試験の受験上の注意事項及び手順 【検WJ-規定-付1】

受験申請

申請前にご確認ください
  • 申請をもって関係する規定の内容についてご了解いただいたものとします。
  • 申請により発生する料金(受験料等)は銀行振込の場合、事前振込となります。
  • 申請に必要な添付書類(Web申請の場合はデータ等)が揃っているか確認して下さい。
  • 申請の取消は、実施日の14日前までとなります。取消を希望する場合は当協会技術センター(TEL:029-847-9031)までご連絡ください。

Step0 実施日時及び実施地区の確認

2021年 8月
26
27
28
29
30
31
1
WJ関西
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1
2
3
4
5
《直近の鉄筋溶接技量検定試験実施予定》

※直近10件を表示しています。その他の予定については検定試験・講習会予定表を参照してください。

申請期間は検定試験実施日の120日前から30日前の午前0時まで(郵送等の場合は当協会必着)です。ただし、受験希望者数によって早期締切となる場合があります。

Step1 関係する検定規定等を確認

 検定規定並びに付随する注意事項等には、検定試験の受験にむけて準備すべきことや、知っておかなければならないこと、また、合否判定結果の通知及び適格性証明書の取扱いなど、大切な情報がまとめられています。

 受験を希望する方は最初に必ず確認してください。

  1. 鉄筋溶接技量検定規定
  2. 鉄筋溶接技量検定試験の受験上の注意事項及び手順 【検WJ-規定-付1】

Step2 料金(受験料等)の確認

受験申請する資格と種別を決定します。
前回受験し、合格以外の合否判定結果を受け取っている場合は、合否判定日から180日以内であれば該当する内容で受験できます。
(例)前回、新規(学科・実技)で受験し、合否判定結果が実技再試だった場合 ⇒ 新規(実技再試)で申請可能 ※継手管理技士資格試験を除く

下記より受験する資格と種別、内容を選択すると料金が表示されます。

受験料一覧を確認する場合は次のボタンで表示されます。

Step3 料金(受験料等)の納付

 本協会と口座振替の契約を結ばれている場合を除き、料金(受験料等)は申請前にお振込みください。

納付された料金(受験料等)は、自然災害や伝染病の流行又は協会の都合により検定試験が中止となった場合の返還及び「 受験申請の取消し」による返還以外は理由の如何を問わず認めません。詳細は検定規定をご確認ください。

<お振込先>
 三菱UFJ銀行麹町中央支店(015)
 普通0985114
 シャ)ニホンテッキンツギテキョウカイ

Step4 申請

 申請期間は検定試験実施日の120日前から30日前までの当協会必着となります。

 申請書送付先:〒300-2633茨城県つくば市遠東東山778
 公益社団法人日本鉄筋継手協会 技術センター
 TEL:029-847-9031

  申請用紙のダウンロード

②中間審査

中間審査申請方法が変更になりました。
  • 詳細は日本鉄筋継手協会資格者中間審査規定及び中間審査申請書をご覧ください。
  • ご不明な点は当協会技術センター(TEL:029-847-9031)までご連絡ください。

資格者は中間審査を受審することが義務付けられています。

"すべての資格者は、新規又は更新により取得した適格性証明書の使用期限の1年前の日から使用期限日までの期間内に、技術・技能・技量及びそれに関する一般知識等を継続的に維持していることを、自らが立証し、協会の中間審査を受審しなければならない。"

資格者中間審査規定より抜粋
  1. 日本鉄筋継手協会資格者中間審査規定(全文)

Step1 確認事項

 保有する資格について、中間審査期間が開始していることを確認してください。

 資格者中間審査規定には、中間審査受審にむけて準備すべきことや、知っておかなければならないこと、また、中間審査結果の通知及び適格性証明書の取扱いなど、大切な情報がまとめられています。中間審査の受審を希望する方は必ず確認してください。

  1. 日本鉄筋継手協会資格者中間審査規定(全文)

Step2 中間審査料の確認

会員種別 料金
会員 3,000
会員外 5,100

Step3 中間審査料の納付

 本協会と口座振替の契約を結ばれている場合を除き、中間審査料は申請前にお振込みください。

<お振込先>
 三菱UFJ銀行麹町中央支店(015)
 普通0985114
 シャ)ニホンテッキンツギテキョウカイ

Step4 申請

 申請書送付先:〒300-2633茨城県つくば市遠東東山778
 公益社団法人日本鉄筋継手協会 技術センター
 TEL:029-847-9031

  申請用紙のダウンロード

438